2021-2022年度 阿南ロータリークラブ 会長あいさつ
 
 「原点回帰」
  ~「さらなる未来への創造」へ


               2021-2022年度 阿南ロータリークラブ
                       
会 長 大 久 保   明
 
 
 新型コロナウイルスのパンデミックが我々の生活に甚大な影響を及ぼしました。
 現在においても完全に終息に至らず,生活・経済活動に制限をかけられている状況であります。それはロータリーに対しても大きな影響を与えており,試行錯誤を繰り返しながら活動を展開しているのが現状です。しかし,我々は歩みを止めることなく,明るい未来を見据え,生活・経済活動,そしてロータリーの活動を進めることが重要であります。

 Afterコロナにどう対応すべきか,影響はいつまで続くのか…
 先行き不透明な状況はまだまだ続きます。

 いまこそ「原点回帰」〜「さらなる未来への創造」への時期です。

 ロータリーの原点に帰り,ロータリーの有るべき姿を見つめ直し,目標を立てて未来のロータリーを創造しましょう。
 ロータリーは友情・親睦で始まり,奉仕との合体で世界のロータリーとなりました。
 Rl会長シェカール・メータ氏のテーマは“Serve to Change Lives”(奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために)です。
 「もっと行動し,もっと成長する」を目標に「もっと行動する」とは,より大きなインパクトをもたらす奉仕プロジェクトを意味し,「もっと成長する」とは会員を増やし参加者基盤を広げることを意味します。

 ロータリーの最優先事項は,会員基盤の成長と多様化によって地域社会をより良く反映したクラブをつくり,あらゆる文化,経験,アイデンティティの人の参加を促すことです。ロータリーがさまざまなひとの参加を促す開放的な組織,すべての人に公平で,善意を築き,地域社会に役立つ組織として未来を切り開く時が来ています。
 ロータリーとその会員が持続可能な変化を生むことをめざし行動するために,私たちは多様な見方やアイディアを持つ人々の声を取り入れたいと考えています。
 ロータリーの中核的価値観の一つは「多様性」です。
 年齢・性別・民族・人種・国籍・学歴・経歴などを問わず,多様な人材を登用する組織づくりを実現するため,RI理事会はDEI(多様性・公平さ・開放性)に関する声明を採択しました。増強の中心は女性である,女性独特のアイディア・心づかい・行動をクラブは必要としているとRIは表明しています。
 「多様性とは」Diversityあらゆる背景を持つ人や幅広い文化,経験,アイデンティティの人を歓迎します。
 「公平さとは」Equityクラブ会員の公平な扱いと機会の均等を保つよう努めることです。
 「開放性とは」Inclusionあらゆる人が歓迎されていると感じ,尊重され会員として大切にされるようクラブの環境づくりに力を注いでいます。
 第2670地区 東ガバナーは,参加者基盤を広げ,クラブの長期的な目標をたてるよう提唱されています。積極的に主張し合い,互いに尊重し,理解して認め合うことによって活性化し,創造性豊かな組織をつくり上げていきましょう。コロナ禍に翻弄されず,フェアな社会環境づくりを目指して,多様性があり,寛容で柔軟に富む組織づくりに本気で取り組みましょう。切瑳琢磨と融合こそが,仲良しクラブではない多様性のある組織をつくりあげるでしょう(多様性と調和)。

 楽しくなければロータリーは意味がありません。
 また,そう思えるクラブでなければならないと思います。
 もっと,もっと魅力あるロータリーであるために,お一人,お一人が考えて行動しましょう。

 
友情と親睦。奉仕を実践しロータリーを楽しみましょう
 
   
 Copyright (C) 2020 Anan Rotary Clud. All Rights Reservd.